ダイエットにまず取り入れるべき筋トレの王様!スクワット

ダイエットメニューにスクワットは必ず入れましょう

太ももやふくらはぎ、お尻など下半身を中心に鍛えられる筋トレですが、スクワットは1回あたりの消費カロリーが腹筋50〜100回に相当すると言われ、筋トレの中でも最強の消費カロリーを誇っています。

全身の筋肉の70%は下半身に付いているおり、スクワットでは、下半身の筋肉を満遍なく強化できるためカロリー消費量が高く、代謝をあげる効果が高いです。スクワットはまさに、ダイエットで筋トレをするなら欠かせないメニューと言えます。

「スクワットは足を太くする」「筋肉が付ける人が行う」といったイメージが強いスクワットですが、正しく行えば無駄な筋肉がつくこともなく、引き締まった理想の体を作ることができます。

スクワットで鍛えられる身体の部位

主に下半身の筋肉が鍛えられます。

  • 大腿四頭筋
  • ハムストリングス
  • 腸腰筋
  • 脊柱起立筋
  • 大臀筋

スクワットで期待できる効果

  • 代謝向上
  • 下半身引き締め
  • むくみ改善
  • 冷え性改善
  • ダイエット

スクワットのやり方

  • 足を肩幅よりも少し広めに開いて立つ
  • 足先を気持ち外側に向け、膝とつま先の向きを揃える
  • 背すじを伸ばしたまま、息を吐きながらお尻を後ろへ引くイメージでゆっくり腰を下げていく
  • 地面と太ももが平行になる程度まで下げたら1〜2秒維持する
  • ゆっくり戻していく

注意点

  • 目線は常に前を向く
  • 背筋を伸ばしたまま行う
  • 膝とつま先は常に同じ向きにする
  • 反動を使わずゆっくり行う

トレーニングの例(3セット)

  • 上記の動きを15回繰り返す
  • 30秒休憩
  • 残り2セット実施