自律神経を整えて悩みを解消しよう!リラックス効果のあるツボ3選

自律神経の乱れはあらゆる悩みの原因となる

自律神経は、循環器、消化器、呼吸器などの活動を調整するために、24時間働き続けている神経です。

体の活動時や昼間に活発になる交感神経と、安静時や夜に活発になる副交感神経があります。

その2つのバランスをそこなうのが「自律神経の乱れ」です。不規則な生活やストレスによって自律神経の働きが乱れると、体の器官にさまざまな不調が現われます。

自律神経が乱れることにより起こる不調

  • 頭痛
  • めまい
  • 疲労感(疲れが取れない)
  • 睡眠不足(睡眠の質が落ちる)
  • 食欲不振・過剰
  • 体重増加
  • 生理不順

このように、美容、健康あらゆることに悪影響を与え、体だけでなく精神的にも落ち込みやすくなったり悪いことだらけです。

また、免疫力も下がるため長期的にはもっと大きい病気の原因になってしまうこともあるのでできるだけ早期に対策をしましょう。

自律神経が乱れる原因

自律神経の乱れは更年期のように年齢によるホルモンバランスが原因になることもありますが、多くは日々の生活習慣から来ているケースが多いです。

原因①精神的ストレス

仕事や人間関係などの日々のストレスは自分を守ろうとして交感神経が過剰に覚醒します。

交感神経が活性化したままだと消耗して疲労がのこります。

原因②肉体的ストレス

ストレスというと精神面のイメージが強いですが、身体にもストレスはかかります。

猫背をはじめとした悪い姿勢や運動不足などが続くと身体的ストレスから自律神経まで影響を与えます。

原因③不規則な生活習慣

自律神経は1日の流れ、朝日が上り、日が沈み、夜になる流れと連動するようにできています。

この流れと生活リズムがずれていると自律神経が乱れます。

自律神経を整える方法

その①朝日を浴びる

規則正しい生活を送ることは自律神経を整える上でとても重要です。生活リズムが乱れている場合はほとんど夜型になっていると思います。

ポイントは朝日をしっかり浴びて、夜は光を最小限にする。食事を決まった時間にとることです。

その②適度な運動

疲れてるのに運動なんて…と思うかもしれませんがほとんどの現代人は運動不足です。

少し身体を動かした方が血流も改善し、しっかり休めて疲労除去に役立ちます。

その③リラックス方法を見つける

音楽や香りなど自分なりのリラックス方を見つけましょうセルフマッサージもおすすめです

ツボ押しマッサージをすると身体の血流が良くなって、副交感神経の働きが高まります。マッサージによるリラックスが、自律神経を整えることにつながります。

リラックスするためのツボ3選

後頭部、首の付け根、生え際あたりから頭蓋骨(ずがいこつ)のへりにかけて、「天柱」「風池」「完骨」のあたりを親指で押してあげるのが効果的です。