飲むだけで効果を高める!ダイエットの効果を高める飲み物

筋トレ前に1杯のコーヒーを

筋トレの前にコーヒーを飲むと、筋トレのパフォーマンスが向上し、より高い効果を得ることができる可能性があると言われています。

なぜコーヒーを飲むと効果が上がるのか

カフェインは脳に効く

コーヒーに含まれているカフェインが運動効果を高めることで筋トレの効果アップさせてくれます。

カフェインはよく筋肉のエネルギー効率を高めるといわれていますが、これは研究により完全に否定されています。カフェインは筋肉に作用するのではなく「脳」に作用するのです。

運動によって疲労を感じるとパフォーマンスが低下します。これは脳にある痛みや疲労などの信号を受け取るアデノシン受容体が脳の神経細胞に働きがけ、細胞の活動を抑制するからです。

カフェインはこのアデノシン受容体に作用して、その感受性を低下させる作用があります。そのため、筋疲労を感じる時間が遅くなり、運動のパフォーマンスを向上させることができるのです。

どれくらいのコーヒーを飲んだらいい?

筋トレ前に350mlのコーヒーを

リチャードソンらの研究では、トレーニングの1時間前に体重1kgあたり5mgのカフェインを摂取しています。これは体重60kgだと300mgのカフェインに相当します。

この量を摂取するためには、約500mlのコーヒーを飲まなければなりません。これはスターバックスのグランデサイズ(480ml)と同等です。さすがに500mlは多いですね。

リチャードソンらは、3mg/kgのカフェインでも運動パフォーマンスが高まるという過去の報告から、筋トレにおいても3mg/kgのカフェインでもパフォーマンスを向上させる可能性があると述べています。

このカフェインの量であれば、トールサイズ(350ml)のコーヒーでも効果が期待できます。

注意点

筋トレのパフォーマンスを高めようとして多量のコーヒーを飲んでしまうことです。多量のコーヒーを飲むと、含まれるカフェインを多量に摂取することになります。

多量のカフェインは、血管の収縮を誘発し、血圧を高くしてしまいます。

体重1kgあたり9mg以上の高用量でカフェインを摂取すると不眠の副作用が顕著になることが報告されています。このような副作用を招かないためにも、筋トレ前にはトールサイズ程度のコーヒーにとどめておくのが良いでしょう。

参考文献

Richardson DL, et al. Effect of Coffee and Caffeine Ingestion on Resistance Exercise Performance. J Strength Cond Res. 2016 Oct;30(10):2892-900.