健康、美容、ダイエットの大敵!睡眠の質を下げる5つのNG習慣

あなたは毎日良い睡眠を取れていますか?「たくさん寝たのに疲れがとれない。」「毎日朝目覚めても憂鬱だ、気分がすっきりしない。」

もしあなたが朝起きた時にこのような感じることが多いなら、質の高い睡眠を取れていない可能性が高いです。

ここでは、入眠前のNG行動編として寝る前のNG習慣をお伝えします。

自分の睡眠の質をチェックしよう

まずは以下のチェックリストであなたの睡眠の質をチェックしてみましょう。

  1. 途中で目覚めることなく、朝まで眠れた。
  2. 日中に眠気や居眠りをすることはほとんどない。
  3. 朝は気持ちよくスッキリ目覚めることができる。
  4. 寝床に入ってから眠りにつくまで、あまり時間はかからない。
  5. 睡眠で満足感が得られる。

いかがでしょうか?5つのチェック項目のうち4つ以上該当該当していれば、あなたは質の高い睡眠が取れている可能性が高いです。しかし、3つ以下の場合は、十分な睡眠が取れていない可能性がありますので、この記事を参考にしてみてください。

睡眠の質を上げるメリット

  • 睡眠をしっかりとることで食欲増進ホルモンが抑えられダイエットの成功につながる
  • 皮膚などの細胞の修繕、骨や筋肉などの発育の促進され美肌効果が得られる
  • 抑うつの改善・ストレス解消効果が得られる
  • 記憶や学習能力の向上につながる

睡眠の質を下げる5つのNG習慣

①ベッドや布団に入ってからもスマホやPCを使う

就寝前に長時間スマホやPC等の電子機器を使うことはオススメできません。これらの電子機器から発せられるブルーライトにより自律神経が乱れることで睡眠に大きく影響する体内時計が狂ってしまうからです。

②寝る前に激しい運動をする

夜寝る時間が近づくと体内時計の働きにより身体がおやすみモードに入りますが、寝る前に激しい運動をすると身体が目覚めてしまい寝つきが悪くなります。

③寝酒をする

寝酒をするとよく眠れるように感じますが睡眠の質が落ちるのでやめましょう。確かに飲酒をすることで短期的に強く眠気を感じるようになるため、眠れないときは寝酒をする人も多いかもしれません。しかし実際には、寝酒はレム睡眠とノンレム睡眠のバランスを崩すだけでなく、アルコールによる利尿作用で途中で目が覚めてしまう等の悪影響をもたらします。眠れないから飲酒する行動は、睡眠の質・量ともに悪化させてしまう最悪の習慣であることを覚えておきましょう。

④昼間に必要以上の仮眠をする

睡眠不足により昼間に眠気を感じる場合、昼寝で補うと言うのは良い方法です。しかし、とりすぎると夜眠れなくなり、また昼間眠くなるという悪循環になりますので注意しましょう。

昼寝は15分〜20分程度にしておき、遅くても15時までにしておきましょう。それ以降に寝ると夜の睡眠に悪影響が出ると言われています。

⑤就寝前のコーヒーやお茶(カフェイン入)

コーヒーやお茶にはカフェインが入っており、覚醒作用があるので寝る間に飲むのは避けましょう。どうしても飲みたい場合はデカフェ(カフェインレス)のコーヒーやカフェインの入っていないお茶(麦茶、ジャスミンティーなど)をとるようにしましょう。