見た目年齢は背中から!僧帽筋@背筋の解剖

僧帽筋

僧帽筋は、首から肩、背中にかけて広がる大きな筋肉で、上部・中部・下部に分けられ、それぞれ働きが異なるので、僧帽筋全体を鍛えるには別のトレーニングを行う必要があります。

僧帽筋を鍛えることで背中全体が引き締まり、代謝が上がり痩せやすい身体を作ることができます。また、現代人は背中が丸くなりやすく猫背の方が非常に多いですが、僧帽筋を鍛えることで背すじが伸び、猫背を改善できるので、姿勢をよくすることができます。

肩こりの直接的な原因となるのもこの僧帽筋(特に上部)であることが多く、僧帽筋がコリ固まることで肩こりの症状を引き起こします。筋トレをして筋肉を動かすことで血流が改善されますし、ストレッチをして筋肉を緩めることも肩こりの予防、改善に繋がります。

僧帽筋を鍛えることによる効果

  • 姿勢改善
  • 代謝アップ
  • 見た目年齢を若くする
  • 肩こり改善

僧帽筋の起始

僧帽筋上部

  • 後頭骨
  • 項靭帯

僧帽筋中部

  • 第7頚椎棘突起
  • 第1〜3胸椎棘突起

僧帽筋下部

  • 第4〜12胸椎棘突起

僧帽筋の停止

僧帽筋上部

  • 鎖骨の外側1/2

僧帽筋中部

  • 肩峰
  • 肩甲棘

僧帽筋下部

  • 肩甲棘内側1/3

僧帽筋の働き

僧帽筋は主に肩甲骨を動かし背骨に寄せる動きをします。肩甲骨を寄せると自然と胸が開き背すじが伸びるので、僧帽筋がしっかり働くと姿勢がよくなります。

僧帽筋上部

  • 肩甲骨の挙上
  • 肩甲骨上方回旋
  • 肩甲骨内転の補助

僧帽筋中部

  • 肩甲骨の内転

僧帽筋下部

  • 肩甲骨の下制
  • 肩甲骨上方回旋
  • 肩甲骨内転の補助

僧帽筋を鍛えるトレーニング

僧帽筋上部

  • ダンベルシュラッグ
  • アップライトロウ

僧帽筋中部

  • ベントオーバーロウ
  • デッドリフト
  • ダンベルローイング

僧帽筋下部

  • ベントオーバーロウ
  • ダンベルローイング
  • プルダウン